グロリアパラアスリートキャスティング Gloria Para-Athlete Casting

障がい者スポーツ
イベント企画/アスリートキャスティング


キャスティング会員一覧

野島 弘

のじま ひろし  1962年6月27日 東京都生

【所属】
日本チェアスキー協会理事、ジュニア普及育成部長、日本障害者ゴルフ協会理事、東京首都圏支部事務局長
【経歴】
スキー歴24年/ゴルフ歴17年 長野パラリンピック&トリノパラリンピック チェアスキー日本代表 第一回障害者ゴルフ世界選手権出場
【その他】
サイクリング、カヤック、ソフトボール、バトミントン、パラグライダー、カート、ロッククライミング、サーフィン

障害者デビューしたのは今から40年前、まだ私が17歳の時の交通事故が原因で車いすユーザーとなりました。2年間の入院後、社会復帰してからは仕事に明け暮れ、32歳でスキーに出会ってからは競技スキーに明け暮れ、36歳で長野パラリンピック日本代表になるもレース前の公式トレーニングで大転倒し頸椎骨折という大けがをしてしまい一時は手も麻痺で動かなくなりました。でも、必死にリハビリをし10か月後にはゲレンデに立ち、次のソルトレイクパラを目指したのですが僅かに及ばず落選。諦めかけたが仲間の応援でリベンジを誓いトリノパラ日本代表となり精一杯の力でレースに挑んだが結果は完敗。それを最後に選手引退。その後は、ジュニア選手普及育成活動を主に障害者スポーツを一年中精力的に活動しています。40年間車いす生活を十分楽しんできましたが、これからも子供たちと一緒にでっかい夢に向かって全力疾走する57歳です。

新井 陽介

あらい ようすけ  1980年8月13日生 群馬県在住

【所属】
日本車椅子ソフトボール協会 関東支部 副理事長
【特技】
剣道、自転車競技、ソフトボール、レーシングカート、車椅子バスケット、ハンドカート(レーシングカート)、車椅子テニス、アーチェリー、車椅子ソフトボール
【経歴】
2017年 群馬初の車いすソフトボールチーム群馬Shadow Cranesを結成  同年、関東車椅子ソフトボール協会発足(現日本車椅子ソフトボール協会 関東支部)協会副理事長に就任 2017/18年 車椅子ソフトボールワールドシリーズ 日本チームとして出場

2016年 埼玉A,S,ライオンズのFacebookページで車椅子ソフトボールの存在を知り、都内での体験会、練習会に参加し、障害の有無や老若男女問わず車椅子にさえ乗れば、同じ条件でプレイできる事に楽しさや競技の可能性を知った。調べてみると、当時地元群馬県のチームが存在しなかったため、群馬でのチーム結成を目標に活動開始。個人でライオンズカップなど国内大会などに多数出場経験あり。

杉内 周作

すぎうち しゅうさく  1974年1月 名古屋市生

【所属】
一般社団法人 日本身体障がい者水泳連盟 理事/アスリート委員会 委員長/技術委員会 委員(テクニカル)、富士通株式会社 スポーツ文化ビジネス推進本部、関東身体障がい者水泳連盟 理事、日本水泳連盟 アスリート委員会 委員、JPC アスリート委員会 幹事委員、JOC アスリート委員会 オブザーバー、パラスポーツメッセンジャー A級
【主な経歴】
2001年ジャパンパラリンピック 1位入賞、2001年日本選手権大会 1位入賞、2002年フェスフィック大会(アジアパラ大会)1位入賞(金メダル)、2004年アテネパラリンピック 400m自由形リレー 3位入賞(銅メダル)、2007年現役引退 以降、水泳コーチをはじめ、次世代のパラアスリートを育成などを行う。

26歳(2000年)の時に網膜色素変性症と診断される。当時テレビで中継されていたシドニーパラリンピックの放送を見て「アテネパラリンピック」への出場が目標となり、パラアスリートとしてスタートを切る。